生まれ変わった鼻血ブー

信長正義の現在、過去、未来。

DANGEROUS SNS《親密とは》

きょう、

あいつFacebookを、

過去に遡って見返した、

 

実は、

ぼくは彼の携帯の番号を知らなかった、

 

ぼくが携帯電話を持ったのはかみさんと付き合い始めてからなので、

おそらく1997年のことだ、

 

ぼくが彼と知り合ったのは1987年なので、

少なくとも10年間の連絡はいわゆる「家電」だった、

 

ぼくから彼にかける事はほぼなく、

もっぱら彼がぼくのことを心配してか、

彼が暇を持て余すというのは考えにくいので、

もしかしたら寂しかったのかも知れない、、、

 

ぼくは当時、

しょっちゅう音楽活動のことで落ち込んでいた、

女にふられたとか、

アルバイト先で嫌なことがあったとかも含まれていたと思うが、

とにかくしょっちゅう凹んでいた、

 

そんな時、

よく電話のベルが鳴った、

 

ぼくは電話が嫌いだった、

ベルが鳴るのがとにかく嫌だった、

特に落ち込んでいる時などは出るつもりもなく、

コードを抜いていることも多かった、

 

友人の中には自分の事ばかり話したがるヤツがいた、

決まって長電話でその時やっているゲームの話だとか、

付き合おうとしている女の話とか、

ぼくはその当時テレビを持っていなかったがとんねるずの番組の話とか、

とにかく女の腐ったような長電話に付き合った、

 

彼はぼくを勇気づけてくれることだけを話してくれた記憶がある、

他にも彼が当時付き合っていた後の奥さんの事なんか喋ったんだろうが、

ぼくの中には彼からは自分の自慢話をされた覚えはない、

 

 

************************

 

完璧に偏見だが、

FacebookInstagramは何というんだろう、

自慢話の温床のようだ、

 

「虚栄心」と言っていた人もいたが、

いわゆる盛っている

ってやつだ、

 

他人の自慢話が好きな人はいないだろうが、

何故かここではもてはやされている

ように見える、

 

見えるのだ、

 

ほんとうの心がもてはやしているのかは知れない

 

つい最近、

仕事のためにインスタをよくやるようになったのだけど、

人形みたいな女子がこの世の中に多く存在している事を知った、

 

見たこともないような目がおっきくて、

肌というのか表面がすべすべのタレントのようなのがゴロゴロいる、

 

恥ずかしいが、

本気でそういう人が生きている世界があるのだなぁ

と思ってた、

ついこの間まで、

 

かみさんに見せたらもちろんアプリでの加工

 

だそうな、

 

それでも、

こんなアプリあるわけないじゃん!

と本気で反論したくらいだ、

あのゲームセンターとかのプリクラ?レベルはわかるのだけど、

あんなのあるんだね、、、

 

 

 

**********************

 

あいつのFacebookには、

お店にいらしたお客さんとの写真や、

商店街の水撒きや、

ラソンの写真も印象的だった、

観た映画の記事もたくさんあった、

 

もちろん彼らしく、

それを自慢しているようにも、

ましてや虚栄しているとも受け取れない、

 

楽しく懸命な日々

が詰まっている、

 

 

 

彼の奥さんにいつかそのうち連絡がとりたい、

と思っている、

さっきまでは勇気が出なかった、

 

 

去年の年末にガラケーから初めて買い替えたiPhoneの、

連絡先には当時からのままの家電の番号と、

おそらく彼が大学院の頃使っていたメアドだけがあった、

たぶんぼくが結婚してから初めて買ったパソコンが五色のiMacで、

パソコンのメールのやりとりを少しやっていたのかも知れない、

 

不思議なことに、

彼とは携帯で連絡をとったことはなかったんだ、、、

ぼくがかみさんと知り合って、

付き合い始めて携帯を持って、

結婚して、

 

そう言えば、

その頃にはぼくがくよくよするのを助けてくれる役は、

かみさんになっていたからな、、、

 

mixiを彼と使った記憶はない、

彼のFacebookの記事にぼくが上がったこともないし、

ぼくが彼の事を載せたこともない、

 

さっき見たら、

メッセンジャーでのやりとりが2014年の1月1日にだけ残っていて、

ぼくから新年の挨拶して彼から返事があってそれに返しただけで終わっている、

 

 

 

ついこの間、

4月の中頃にお店の営業を自粛するという記事を見かけて、

自粛中に映画を楽しんでいるという記事を数回読んだ、

 

整体院をやっていて休業しない事を選んでいたぼくには、

余裕なんだなぁ…

ってしかみえていなかった、、、

 

 

 

 

ぼくはすでに親密な付き合いをしていなかったけど、

SNS

で繋がろうとするものは何なんだろうって思う、

 

でもそれはSNSだけの問題じゃないな、

心の交流

って何なんだろうな?

 

最近の自分を振り返ると、

心を開いているのはほぼかみさんだけ

で、

あとは経済活動

に埋れちゃってるな、

心、、、

 

あいつはとても頭が良くて真面目で面倒見が良くて優しくて繊細だった、

あの頃は心で繋がっていたな、

 

たぶん、、、

 

 

 

バカで不真面目で適当で鈍感なままでいいかも知れないな、

あの頃ヘタレながらそれにしか救われなかった音楽を、

あんなに励まし応援してくれていた彼のためにもやり続ける、

彼の無念を想い書いた詩、

残されたぼくたち全員に乗り越えるエネルギーを、

与え給え。


【信長正義】保障潜隊☆センゲンジャー