生まれ変わった鼻血ブー

信長正義の現在、過去、未来。

【これからのぼくたち】元の場所に戻るんじゃなく、生きたかった生き方のあるところへ

 nobunaga7.hatenablog.com 

今夜は、

あの件があってから、

つまりあいつが亡くなってから一週間目、

初七日だと思う、

 

初七日・四十九日・忌日法要

このサイトから引用させて戴くと、

『命日も含めて七日目に行うのが初七日です。故人が三途の川のほとりに到着する日とされています。故人が激流か急流か緩流かのいずれを渡るかがお裁きで決まる大切な日で、緩流を渡れるように法要をします。』

ということだ、

 

彼の奥さんにコンタクトをとりたいけど遠慮してきた、

とりあえず今夜までは、

 

あいつがどういう経緯であの時を迎えたのか、

亡くなった事自体が信じられなかったけど、

それを受け入れたとしても、

事故だと信じたかった、

 

でも、ネット上の情報だとそうとも言えないのかも知れない、

 

興味本位で知りたい、

とは思わない、

 

だから、

ご親族の方がたのお気持ちを察っしても、

ズカズカこの状況の中に割り込もうなんて思えないのだ、

 

ただ、

事故だったにしてもそうでなかったにしても、

あいつが「無念」だったことは確かだろう、

 

その「無念」はなんだったのかは知りたい、

そして晴れて成仏される事を願っている、

 

 

************************

 

コロナの終息と、

経済活動の再開を多くの人が望んでいると思う、

皆さんはいかがでしょうか?

 

もちろん、

ぼくもその一人だけど、

ぼくの場合は今までと同じ状態に戻ったら良い、

とは思っていない、

 

どうも日本の経済状態は、

コロナ以前から下降に入っていた、

というのは確からしい、

 

そこに早めに追い打ちをかけたのがコロナであって、

消費税増税後の日本においては、

すでに右肩下がりが始まっていた、

ということを複数の人が言っている、

 

ぼくは個人的には、

その影響を今年に入ってすぐに感じていた、

ただ増税後の影響が及んできたのだと明確に理解は出来ていなかった、

 

一月の初めから価格の高い商品が売れなくなってきて、

二月には動きが止まったのを感じた、

 

そしてこの時に、

「本来の自分は何をやって生きていくべきなのか」

と言う事が頭をもたげてきた、

 

それで、

二月の下旬にそろそろコロナの話題が広まってきた頃には、

確かに心の準備と行動が始まっていた、

 

だから、

事業資金の事や、

今後の仕事の在り方については、

少し早めに動き出せていたと思う、

 

 

今ネットのニュースで巷の状況を伝えているが、

この時期を耐えればその後何とかなる

との声が聴こえてくる、

 

たぶん何とかならないと思う、

 

この時期って、

ウィルスだけの問題じゃない、

 

今までの経済活動の在り方の歪みが、

きっちり炙り出されて来ているのだと思う、

 

アメリカをはじめとする諸外国に追従する姿勢

を改める時なのだと痛感する、

 

元々日本は、

日本人は諸外国の人たちとは異なのだと思う、

 

そして、

ぼくは政治の事に広げて語るつもりはなく、

うっすら気付いているあなたから、

誰かに追従する生き方

を改める絶好の機会が来ている、

と思っている、

 

そう、

そしてぼくは気付いた、

とりあえずまずはぼく自身が、

生きたかった生き方を体現する

という時間をこの時期にやり始める、

ということだ、

 

死を迎えた時、

誰のためでもない自分の人生なのだ、

自分が約束の生き方を成し得ていなくて何が世界平和だ笑

 

あいつもぼくも大好きな浜田省吾さんのアルバムに、

『Promised Land~約束の地』

がある、

 

キミにもキミの約束の地があるはずだから、

大丈夫だから、

またやり始めようぜ、

いい加減に、楽しく、

 

20代でつくった曲に新しく歌詞をつけて録音した、

あの頃の約束通り音楽やるよ


【信長正義デモ音源】保障潜隊 センゲンジャー